お客さんが検索しているキーワードを知る方法!

あなたのホームページをもっと集客、売上げアップに貢献させよう!
こんにちは、インターネット 売上アップ アドバイザー川田です。

広告費用をなるべくかけずに
集客できる方法シリーズ 第5話
(集客できる方法シリーズ 第1話第2話第3話第4話 )

ブログは集客のために書きますが、
検索されて記事にたどり着いて
もらわないと見てもらえないので
まったく意味がありません。

そして、検索で上位表示されて
ヒットするためには
タイトルや本文中に
検索されているキーワードを
含んでおく必要があります。

なので、検索されている
キーワードが特定できれば
うれしいですよね!

その検索されている
キーワードを簡単に探せるツールに
「Google アドワーズのキーワードプランナー」
というものがあります。

検索キーワードが探せる、キーワードプランナーとは

たとえば、飲食店の集客に
悩んでいる人にブログに
来て欲しいとします。

そんな時は、「飲食店 集客」や
それに類似したキーワードで
検索した人にブログに来て欲しいですよね。

その時に、キーワードプランナーで、
「飲食店 集客」
と打つと

「飲食 店 経営 」
「飲食 店 集客 方法」
「飲食 店 集客 アイデア」
「集客 方法 」
「飲食 店 売上」
・・・
・・

などなど、たくさんの
類似キーワードが 表示されます!

しかもそれぞれのキーワードが
・月に何回くらい検索されているか
・ライバルがどれくらいいるか
・広告を出したらいくらくらいか
が分かるようになっています。

この類似キーワードは
そもそもグーグルを使って
検索されている事が分かっています。

なので、この類似キーワードを元に
ブログ記事を書けば
検索されるブログ記事が書ける
という事になります。

実際に類似キーワードで検索されやすいブログタイトルを作ってみます

上記の
「飲食 店 集客 方法」
というキーワードを含んだ
タイトルを考えてみます。

「飲食店で効率的に集客できる方法!」
「集客できている飲食店の秘密の方法を公開!」
といったタイトルがかけそうですよね。

そして、本文中にもこのキーワードを含んで
記事を書いて行けばいいってワケです。

ちなみに、この方法は
ブログ記事を書く時だけでなく、
PPC広告、Facebook、Youtubeなどを
展開する時にも役に立ちます!

あなたはブログを書く時に
検索されているキーワードを気にせず
やみくもに書いていませんか?

せっかくいい内容を書いていたとしても、
検索にヒットせず、
読んで欲しい人が見つけられなければ
意味がありません。

しっかりとキーワードを抑えた上で、
記事を書くようにしましょう!

ちなみに、月間検索数が
多すぎるキーワードは競合が多すぎますし、
少なすぎるキーワードは検索している人が少なくて、
意味がありません。

キーワードの月間検索数は
300〜3000くらいを目処に
探すと良いと思います。

あなたとあなたのお客様の未来の為に!

PS.広告費用をなるべくかけずに集客できる方法はシリーズになっています。
こちらもあわせてお読みください

シリーズ 第1話 低予算で集客する方法
シリーズ 第2話 集客に適したブログはナニ?
シリーズ 第3話 集客するブログ記事を毎日書く裏技!
シリーズ 第4話 集客するブログ記事を毎日書く裏技!

------------
役立ちましたら「いいね!」お願いします
ネット集客スタートセミナー